年齢制限がある

18歳以上しか利用できないのできちんと証明しよう

会社ごとに多少の違い

最後に行うのが18歳以上の年齢証明です。これは実際に出会い系サイトを利用する際の最後の最後で確認を行うものでこの18歳以上の証明をしっかりと行っていないとサイト内を閲覧したり、相手のプロフィール画面を見ることは出来てもメッセージを送ったりすることができなかったり相手からアプローチのメッセージが来たとしても返信できなかったりすることがあります。

利用するには年齢確認を行わないと出来ないところが多いので必ずしておいた方がいいです。

この18歳以上の年齢証明というのはインターネット上でよくある「あなたは18歳以上ですか?」という質問に対して【はい】【いいえ】のどちらかをクリックする簡単なものではありません。

年齢証明をするのは二つです。ポイント制の出会い系サイトであるならばクレジットカードを通じてポイントを購入するというものになります。

クレジットカード自体も18歳以上でしか利用することが出来ないわけですからクレジットカードでポイント購入するだけで年齢証明が出来たということになりますよね。クレジットカードを持っている人はこの方法が一番手っ取り早いでしょう。

持っていない人は実際に18歳以上と分かる身分証明書を写メなどにアップすればいいわけです。当然顔写真や住所、年齢を見えなくした状態にして写メを送ってもいいわけです。

他には郵送と言ったやり方があります。これは実際に運営会社に身分証(年齢だけが分かればいいもの)を送ってそこで運営側から認可が下りれば利用することが出来ます。

この18歳以上の年齢証明というのはこの三つの方法が一般的ですが、運営ごとに違いがありますのでサポート対応があるのであれば素直に聞いたりしてもいいですし、やり方などはホームページ上に紹介されているので確認しながら利用しましょう。