好かれる努力を

嫌われてしまってから信頼を取り戻すのは出会い系サイトではかなり難しいので相手からは好印象でいましょう。

自分よがりはダメ

出会い系サイトでメインのやり取りとなるのはメールでのやり取りになると思います。文章や顔文字、絵文字だけで自分の感情を伝えなくてはいけないというのはものすごく大変なことですよね。しかも気楽に片手間でできてしまうからこそ相手の感情が読みづらくてついつい暴走してしまいがちになってしまいます。

さらに出会い系サイトはメールでやり取りしてから初対面ですので通常の逆の手順を踏むことになります。たとえば合コンや婚活パーティなどでは仲良くなって気に入ったらメールの交換をするものですが、出会い系サイトはメールで仲良くなってから会うかどうかを判断するので当然ながらちょっと気に入らないことをされたら会ってもないから別にいいか!というような感じになってしまうことも考えられます。

メールというのは実はものすごく難しいのではないでしょうか?とくに今はインターネット上でのコミュニケーションができてしまっているのでメールが当たり前でメールにいちいち一喜一憂することもなくなってしまっているのでメールを送るのも面倒と感じてしまっている人も少なくありませんので気をつけなくてはいけません。

とはいえ人に好かれるメールを送る方法ってないですよね。フィーリングだったりその時のタイミングなど感情の変化がものを言います。しかし嫌われるメールというのはある程度決まっているのでまずはちゃんと相手に嫌われないようにメールをすることが出会うために必要なことと言っていいでしょう。

ここでは嫌われるメールを紹介していきますのでぜひともこういったメールを送らないようにしましょう。

まずは一度に大量のメールを送ってしまったりすることです。メールを送るのに何円かお金がかかってしまいます。それをケチっているのかどうかは分かりませんし、自分のことを知ってほしいという思いで一度に大量の文章で送ってしまうのかはわかりませんが、相手からしてみれば面倒この上ないです。ちゃんと相手にとって見やすい文章かどうかを判断することがとても重要となります。またどれに対して返信していいのかわかりませんので相手も困ってしまいますのでやめておきましょう。

次に偉そうな文章だったり上から目線での俺様私様メールもやめておきましょう。相手からしてみればウザいだけですのでメールも返してられません。相手を立てるようなメールをすることが大切です。

次に絵文字の多すぎだったり少なすぎもやめておきましょう。メールを開いたら絵文字が所狭しとちりばめられていたり、逆にですます口調のなさすぎも相手はテンションが下がってしまいます。何事も適度にやりましょう。

相手の気持ちを考えてメールを送るのがとても重要となってきます。